仕事をしている二人

レンタルをする

商談の様子

効率的な工場経営について

工場経営をする場合には、工場を所有するか貸工場を使うかの2つの選択肢があります。どちらを選ぶかは自社の経営状況や、戦略によって変わってきます。工場を所有する場合にはそれなりのキャッシュが必要となります。また、その後の税体系なども変わりますので注意してください。貸工場の場合は工場のレンタル料金だけ支払えば良いので、工場を所有するよりも人は多くあります。資金面で工場を所有することができない場合には貸工場を利用すると良いでしょう。自社生産をするか貸工場を借りるかは非常に重要なポイントとなりますので、経営陣や社員一同を交え議論を重ねた上で方向性を決定してください。自社の経営にマッチした方を選択するべきなのです。

現在のトレンドについて

工場で行う生産量は売り上げに応じてすぐに調整できるようにしておく必要があります。もちろん、稼働率を上げることが重要ですが、稼働できない場合の対処も求められます。例えば、工場で働く人たちは工場の稼働率が上がっているときには忙しいのですが、稼働率が下がっている場合には仕事がなくなってしまいます。日雇い労働の場合は会社の人件費として節約できることにはなりますが、正社員が働く場合にはどんどん人件費だけかさむことになりかねません。そのようなことがないように工場のオペレーションはしっかりと綿密に構築する必要があります。様々なシュミレーションも踏まえ、所有するか借りるのか、工場の形態を選択すると良いでしょう。