仕事をしている二人

決済サービスの変化

オフィス

決済代行サービスというと以前ではクレジットカード決済や口座振替やコンビニ決済が一般的なものになっていましたが、最近ではネットやスマートフォンやタブレットなどの普及により携帯キャリア決済やオンライン上での決済が可能なプリペイド式電子マネーでの決済を利用する人がどんどん増えてきています。電子マネーはクレジット機能を付けると5000ポイント近く貰えるといったキャンペーンなどからクレジット機能付き電子マネーカードを作る人が大勢いて、携帯キャリア決済では携帯キャリアサイトが運営しているショッピングサービスでの購入金額の支払いや外部サイトのサービス料金の支払いなどに利用がされていますが近頃では有料アプリの支払いやアプリゲームでアイテムの購入をした際の支払い方法として利用されています。基本的にアプリゲームは無料で楽しむことが出来るのですが誰よりもレベルを上げたいなどの理由からレアアイテムを購入するために決済サービスを利用せざるおえなくなってしまっているということが伺えます。またクレジットカード決済は基本的にショッピングの支払いなどで使用されていたのですが、近頃ではネットゲームのプレイ料金の支払をするために必要ということでクレジットカード決済をする人が増えています。こういったことから決済代行サービスはニーズや普及の内容によって方法が増えるだけでなく利用方法に変化が出るということが理解できます。