仕事をしている二人

安定した情報提供

パソコンを扱う男性

顧客応対で所持している端末に情報発信される未来

お店で商品を購入するとロール紙に情報を印字して手渡してくれます。それによって自身が何を購入して支払った料金を明確に知る事ができるのです。それを家計簿に記帳する事でお金の管理を計画的に行えます。 しかし未来において技術が発展すれば、ロール紙への印字は必要なくなる可能性があるのです。例えばネットワーク回線で接続されたレジスタが最近増えていますが、それを利用して購入情報を個人端末へ送信できるようになる可能性があります。レシートが邪魔だと考える人にとっては、捨てる手間を省く事ができる画期的な技術です。そして家計簿のソフトと連動すれば、お金を記帳する作業も手間が必要なくなります。技術発達によって大きな恩恵をもたらされる未来です。

ロール紙が便利である理由

しかし前述した論理的な情報の送信は欠点があります。それは情報を受け取るための端末を用意する必要がある点です。現在の携帯電話のように多くの人が受信装置を所持するようになっても、100パーセントが達成される事はありません。情報受信をできない人にとっては意味がないという事です。 それに対してロール紙を使った情報の印字であれば、端末を準備する必要がありません。情報出力に用いる道具は店の持ち出しになるため、顧客がその点を心配する事はなくなります。個人で端末を所持する人が多くなっても、ロール紙の売れ行きが落ちないのは技術発展が遅れているからではありません。受信装置の普及を考えなくても安定利用できるロール紙が優れているのです。